第86回 日本胃癌学会総会の概要

第86回 日本胃癌学会総会は、2014年3月20日~22日の三日間にわたり、北里大学医学部消化器内科学主任教授である小泉和三郎氏が会長となり、パシフィコ横浜にて開催されました。

今回は、胃癌の征圧・叡智と実践というテーマのもとで、一般演題発表に加えて、特別講演、教育講演、企画、virtual cancer board、シンポジウム、パネルディスカッション、ワークショップ、英語によるセッション、コンセンサスミーティング、市民公開講座と、非常に充実した多くのスケジュールで構成されていました。

日本では毎年若年者から高年者まで多くの患者が胃癌と診断され、治療を受けています。胃癌診療は近年極めて進歩していますが、未だ、発生率・死亡率ともに高いのが現状です。本会のテーマである胃癌の制圧を実現するためには、医師をはじめ看護師、薬剤師、メディカルスタッフ、製薬メーカー、医療機器メーカー、行政などが一丸となって知識やアイデアを共有する必要があります。

そして、ヘリコバクター・ピロリの除菌といった予防から早期発見、早期治療、化学療法、緩和医療まで、幅広く発展・進歩させることで、患者のQOLを向上させることが必要と考えられます。

特別講演や企画の概要としては、実際の症例をもとに、診断や健診の手法、内視鏡および外科的手術、抗がん剤による化学療法、最新の分子標的薬やレジメンの紹介などについての発表が多く見受けられました。

その中でも、胃癌の種類や病理学的分類、転移部位などに応じた具体的な治療法、実践的なテーマには多くの注目が集まっていました。

また、本会の参加者ですが、医師を中心として、看護師や薬剤師、コメディカルスタッフなどの参加も多く見られ、チーム医療の実践も感じられました。さらに、将来の医療を担う医学部などの学生や、市民講座へ参加する方もいたことから、胃癌という疾患の認識が高まりつつあるということも実感できる会でした。